サイトメニュー

医療機関に連絡を入れよう

待合室

窓口は24時間応えている

ツラい時は、助けを求めることも必要なのでしょうが、どうしても周りに相談できる人がいない場合は、精神科・心療内科などを含め、相談できる機関を利用しましょう。精神科・心療内科は、患者さんからの予約などの連絡も受け付けていますが、診察は有料です。ですが、メールならば無料とする場合も少なくありませんから、活用してみましょう。通話料は自己負担ですが、年中無休で対応してくれます。精神科・心療内科への相談内容は、比較的に軽いものもあれば、やはり自殺を考えるような命についての重たい話しもあるようです。もちろん、電話での会話ですから、プライバシーに配慮できるなどの素性を知られたくない人にも適しています。ちなみに、医療機関では疾患者のみならず、周囲の人からの電話による相談窓口としても対応してくれています。この分野においては、病名や症状はインターネットをはじめとして情報量が多く、一般の人にとってみれば分かり難いことも多々あります。ですから手軽に、適正・適切な情報を知るにも活用することができます。
今は、メンタルヘルス分野において、悩みを相談できる医療機関を調べることも可能です。近くの精神科・心療内科を知りたい、そうしたことを調べてくれる支援の窓口も設けられていますから、活用してみましょう。医療機関には電話相談ができる窓口がありますが、効率よく・賢く相談したいのならば、24時間体制の窓口を利用しましょう。しかしながら、通常は診療時間に沿って電話をかけるのがマナーです。もちろん繋がりにくい状況も、時間帯や診療科によっては丁寧に案内できないケースもあり得るようですから、その場合には時間をおいてかけ直しましょう。無料とした相談窓口の利用は、大概24時間体制で受け付けています。と言うのは、不眠症などを患っている人もいるため、夜間に不安になることもあり得るからです。しかし大概は、医療機関の診察時間に沿った利用時間で、11時〜15時・16時〜20時の昼夜2部制です。医療従事者の昼休憩の時間や、早すぎる・遅すぎる時間も避けた電話での相談がマナーです。

Copyright© 2019 うつ病を自覚したり、家族の様子がおかしい時に頼りになります All Rights Reserved.