サイトメニュー

気づきを理解してもらえる

固定電話

正しいことを話す

精神科・心療内科などの病院の他にも、行政・団体など、様々な電話相談の窓口が設けられています。電波状況が良好で、落ち着いて会話ができる静かな場所から電話をかけることで、回答が届きやすくなります。また、相手に悪い心象を与えないことや、治療に関する情報源にもなり得るために「正直に答える」ことも基本的なマナーです。もちろん、医療側も事情は分かっていることではありますから、感情のコントロールが図れないのは仕方のないこととして理解してくれます。中には、かかりつけの医療機関があって、すでに治療をしていても、後ろめたさなどから隠してしまいがちです。医療機関を見直すにしても、隠して相談をしたところで何一つメリットにはならず、正直に答えるのが正解です。電話での理想は、マナーをわきまえて堂々とした受け答えをすることですし、緊急時を除き、極端な早朝・深夜の時間帯は避けましょう。生活面に疑問を持たれかねないものの、24時間の総合相談センターももちろんあります。また、相談内容によって地域医療で行われている活動は異なるため、電話口で専門医直通となる電話番号を教えてもらうことも知っておきましょう。
身体症状があるのなら心療内科ですし、心の症状が見られるのなら精神科を受診してみてはいかがでしょうか。このように、医療機関の電話相談においては「どの診療科を受診すればよいのか」という問い合わせが比較的多く寄せられています。また、どんな病気なのかを知りたい、例えば、認知症やうつ病がどんな病気かを知ることで、本人も理解が深まります。何かおかしい、そうした症状に気づいた本人あるいは家族は、早期発見の目安としての気づきを相談しています。そして電話相談において、診察はどこで受けられるのか、どのような検査をするのか、治療にはどれくらいの時間や費用がかかるのか、というように具体的な内容にまで及んでいます。またよくあるのは「保険が利くのか」という治療費の相談です。自己負担となる話も耳にすることにより、自由診療での相場や目安などを知りたいために相談する人も多いようです。精神科・心療内科を受診する場合には、比較的、長期治療を行うことが多いために、何よりも金銭面が負担になるようで、こうした内容が会話に含まれています。

Copyright© 2019 うつ病を自覚したり、家族の様子がおかしい時に頼りになります All Rights Reserved.