サイトメニュー

対面せずに悩みを話せる

受話器

誰でもアドバイスをもらえるシステム

長い間にわたって、心に不調を感じているのなら、心療内科や精神科がある医療施設を訪れて、診察してもらったほうがよいかもしれません。つらい気持ちが続いていたり、これまでにないほどハイテンションになったりしているのなら、何かしらのメンタル系の病気だと考えましょう。しかし、ある程度の確信がなければ、メンタル系の医療施設に通うことを決心できない方もいるはずです。そのときは、メンタル系の相談が行える電話窓口に連絡を取ってみましょう。そちらでは、現在の悩みを聞いてくれた上で、これからどのような行動を取ればよいのか、アドバイスをしてもらえます。メンタル系の病気に詳しい方が担当してくれるので、的確なアドバイスをもらって、それをもとにして次のアクションを起こすことが可能です。もちろん、『医療施設で診てもらったほうがよい』というアドバイスもあるため、診察への後押しをしてくれます。話すだけでもスッキリするケースもあるので、少しでもメンタルについて悩みがあるのなら、電話窓口で相談をしましょう。
電話窓口での対応が注目されているのは、やはり誰でも相談ができることでしょう。通院する暇がない方はもちろん、症状が重くて自宅からでられない方や悩んでいる家族の状況を聞いてもらいたい方まで、いろいろな人たちが相談することが可能です。電話という便利なツールがあれば、近くによい心療内科や精神科が見つからない方も相談ができます。なお、症状が重すぎて電話での会話も難しいなら、話す代わりにメールを使って相談することもできます。最初はメールを使って相談を行い、なれてきたのなら、電話へと切り替えるのもよいです。どちらを利用するとしても、何かしらの強制をされることはないので、安心して悩みを話してみましょう。ちなみに、自身の症状が心療内科で診てもらえるのか、精神科で診てもらえるのか分からない場合もあるはずです。そのときも、専門家が対応してくれる電話窓口は役に立ってくれます。じっくりと症状を聞いた上で、どちらが適切なのかアドバイスしてくれるため、すすめられたほうへの通院を考えましょう。

Copyright© 2019 うつ病を自覚したり、家族の様子がおかしい時に頼りになります All Rights Reserved.